健康食品

2012年6月24日 (日)

しあわせダイエット

ダイエットしたいと挑戦し途中で挫折されり方が多いです。食べて運動が基本ですが、食事をバランス良く食べてダイエットに結びつける方法をご紹介します。

最近は大変知られてきましたが、武庫川女子大学の小西すず先生が提唱している食事の方法です。1990年から運動されてましたが、2007年に本として出版しました。本といっても、具体的な実践とチェックの方法をバランス型紙と称する道具で行えるよう楽しい構成になっています。『食のバランス型紙によるしあわせダイエット 』という本です。

食べ物を《たんぱく系食品》《野菜》《果物・いも》《穀類》《油》の5種類に区分し、1食は5点(400Kcal)、朝、昼、晩の3食で15点(1200kcal)取る方法です。

具体的にはバランス型紙を使って行いますが

例えば、
ステップ1.たんぱく系食品は牛乳120cc、スライスチーズ1枚、たまご1個、魚切り身1個
豆腐1/4丁等から2点
ステップ2.野菜をしっかりとって0.5点
ステップ3.果物またはいもはミカン1/2で0.5点、いも類は50グラムで0.5点から0.5点取る
ステップ4.穀類はご飯なら子供茶碗で1点、パンは8枚切り1枚で1点、ゆで麺なら1/2点
でここから1.5点取る
ステップ5.はおおさじ1/2程度の0.5点取る
これで1食分合計5点(400Kcal)が完成です。

これを朝食としますと同様に昼食、夕食と組み合わせをつくって1日15点(1200kcal)とします。

この組み合わせの点数をバランス型紙を使って作れば出来上がりです。
献立組み合わせ例も沢山ありますので実践してみてはいかがでしょう。

普通にバランス良くと言いますがその具体的方法が判りますので先生のおっしゃる通り、 しあわせのダイエットになります。
この組み合わせの方法はダイエットだけでなく健康なバランスのとれた食事を心がける方法でもあります。

2012年5月14日 (月)

塩分ほぼゼロの醤油・減塩醤油

健康食品として減塩醤油が沢山出ていますが、その中でもほぼゼロに近い醤油と、醤油のを長期間保つ商品が出ています。血圧が高く塩分控えめの人には代えがたい商品です。

★塩分ほぼゼロの醤油

売れ行きが急激に伸びている塩分ほぼゼロの醤油、高血圧の方にも醤油味を存分に味わっていただくために福岡の福萬醤油さんが開発した商品です。ボトル型のほかにしょうゆ専用のスプレー型容器を採用。「スプレーすることで、しょうゆの香りがより鮮烈に感じられる」そうです。購入者からの声で最も多いのは、「塩分フリーのおしょうゆが欲しかった」「高血圧なので助かる」という声。料理人からは「塩味が無く、しょうゆの香りと旨味だけが料理に使えて便利」という声も寄せられているそうです。

 

★ヤマサ 鮮度の一滴 特選しょうゆ

パウチ型新容器は注ぎ口部分に使用した特殊な薄いフィルムが逆止弁となってしょうゆを注ぐ際にも空気が入らず、開封後もほぼ真空状態を保つことで、「常温で70日経過しても酸化せず、色や風味を保ち、いつも新鮮なしょうゆを味わえる」が特徴です。
一般に醤油は日数が経過するごとに「酸味」が増し、「塩味」は少し強くなります。直接空気に触れ、室温で水分が飛んだ影響です。そして、しょうゆの風味として大切な「コク」は減少傾向になりますが、パウチの逆止弁効果がそれを防いでいる訳です。

 

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック