« 2013年2月 | トップページ

2015年7月

2015年7月21日 (火)

ブログ再開しました

2013年2月のブログを最後に、事情により休眠に入ってしまいましたが、何とか再開できそうになりました。気楽な書き込みでいきたいと思います。

ガーデニングがお好きな方は沢山いらっしゃると思いますが、田舎育ちの私には、どうしても作られた印象が強いのが多いと感じられてなりません。田んぼのあぜ道や雑木林の下の下草、里山の花々、これらがいつも思い出されますし、色合い、香り、手触り、すべてからだの中に染み渡っています。年をとったせいか、時として出てきます。

これらも、昔は草刈や雑木の枯葉集め、雑木の伐採といった長年の手入れがあって維持されてきたものです。今では里山として紹介されることが多いですが、自然なように見えて、お百姓さんの日々の生活と一体になったことで維持されてきたといえます。

宿根草が主であり、毎年、同じ位置に芽を出し、季節の始まりを見せてくれます。私の好きなタチアオイも今では花も落ち始め、立秋を迎えることを教えてくれます。

自然から季節を感じる余裕を持ちたいものです。

Resize0023

« 2013年2月 | トップページ

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック