« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月25日 (金)

もう疲れが出てきました

18日に息子と妻が帰ってきて1週間ですが、歳のせいもあり疲れが出てきました。

18日は成田空港までの往復の5時間、580km。次の日はあちこちの買い物で150km。
月曜日は妻の姉の所まで送迎と荷物運びで3時間、100km。火曜日は又買い物で一日中付き合い。水曜日は疲れが出たので休みにしましたが、昨日、木曜日は月一回の定期検診で池袋の医院と役所に。今日は昼から夕方まで買い物の車出し。

孫と娘が来た様なもので、今までの娘(小6)と二人の生活のペースから倍以上の忙しさの感じになりました。去年の夏休みに帰国した時も疲れが出ましたが、歳を少し重ねた分、余計に疲れが感じます。中国の家庭料理はどうしても油が多いのでなるべく避けたいため、食事の準備も殆ど行っていますし、息子の遊びの付き合いも在り結構大変です。

この疲れを乗り越えれば慣れてくるのですが、今回は時間がかかりそうで、中国に戻る頃に慣れる感じかもしれません・・・・・(笑)
歳を感じるようになりましたので、息子が中国語のピンイン(発音)をしっかりマスターした時点で日本に戻り(1年後)、妻が早く日本に本格的に馴染んでくれる事を願うばかりです。

2013年1月22日 (火)

PPS影音とSkypeづけの妻

中国から息子の冬休みで帰ってきた妻ですがPPS影音とSkypeづけになっている話です。

「PPS影音」はWEBで中国のTV放送、ドラマ、映画、音楽が見たり聞いたりできるソフトです。
TV放送は同時放送ではありませんが、結構、各局が見れます。
以前は「青之恵TV」という同時放送でパソコンでTVが見れた(980円/月)のですが、会社が倒産して駄目になってしまいました。それに代わって同じような「99中文TV」が昨年春できました。
中国・台湾・香港・マカオの放送まで同時放送で見れます。費用が少し高いので加入してません。

現在は無料で見れるソフトが沢山ありますが、「CBox」と「PPLive」が良さそうです。「CBox」はCCTVの各チャンネルが見れます。「PPLive」は各都市のTV放送が見れます。

ちょっと話がはづれましたが、妻は出かけるとき以外はパソコンつけっぱなしでPPS影音のTV放送かドラマを流してます。

TV放送では絶えず尖閣に関するニュースや評論家の話が放送されています。
内政でも沢山の問題を抱えていながら、反日、尖閣で国民の目をそちらに向けているのが見え見えです。戦争を仕掛けろ!という声が沢山出ているようです。
新聞の民主化運動騒動も放送は一切されてませんね。

TV放送の報道内容を妻が教えてくれるのですが、皆、日本悪しでしか有りません。
細かい情報を取り上げては日本が悪いとしています。
本当に中国の考えにはイライラさせられます。中国が勝手に自分の物と主張し始め、軍事的に圧力をかけようとしているわけですが、中国側が大人しくすればいい話で、
「自分たちだけが正しい。悪いのは日本」というだけの国には幻滅を感じますし、世界も疑問符をつけていると思います。
放送の中で「リーベン(日本)」という言葉が聞こえるたびにいやな気分にさせられてます。

Skypeは中国家族、友人との会話やTV電話ですが、1分2円程度ですので、長時間、あちこちにかけまわってますね。時差が1時間遅れですから、私や子供が寝たころ、長電話も
してます。30分は序の口で1時間以上が何度も在ります。一般電話の国際電話でしたら
電話代だけで破たんしますね。
Skypeがあってホッとします。QQの電話もあるのですが、相手もQQに入っていないと駄目です。その点、SkypeはSkype同士は無料、携帯でも固定電話でもかけるのが月1,000円程度で殆ど無制限に近くかけられるので、便利です。

中国がTV放送を無料ソフトでどんどん海外で自由に見れるようにしてるのはちょっと脅威ですね。
中国政府の宣伝機関であり、内容も政権の方針にそったものが放送されているわけですから。眉に唾してみなければなりませんね。

こんな使い方をしてるパソコンですが、友人から戴いた初期のネットブックASUSのEee901(9インチ画面)WindowsXPを専用にして使用しています。カメラ画像は粗いですがそこそこ見れるので我慢していますね。

2013年1月19日 (土)

不審なキャリーバッグに警察出動!

昨晩、息子と妻を成田第二ターミナルに出迎えに行きましたが、到着時刻(12分早まる)にB出口に行きました。すると警察官4、5人と空港職員の人が、出口正面のロビーで、黒いキャリーバッグを前に何か話したり、無線連絡取ったりしているではないですか。

何事かな?バッグに何かあったのかと思いました。10分ほどしたら、警察官も20人程に増え、黄色いテープで近づけない様にし始めました。
20131185 
201311812
出口から出てくる人も両サイドに誘導し、テープにも近づかないようにと警察官がロビーにいる人に注意し始めました。何か問題があるのだなと思っているうちに、爆発物処理班らしき人が2名、金属盾や道具を持って到着。

その後間もなく警察犬2匹も到着。間近で見るのは初めてかも。凛々しいし訓練されてる感じです。
201311813
そのうちの一匹がキャリーバッグに近づき臭いをかいで戻り、その後再度接近し、バッグを倒して急いで戻る。

何事も起こらない。爆破物処理班の一人が恐る恐る近づき、何やら金属探知機らしいものでチェック。その後は盾の影に座っています。
1631
そこに、丁度、妻と息子が出てきました。
少し様子を見てましたが、スピーカーで不審物に何かきずいた事がある人は警察に教えて下さいとスピーカーで呼びかけ始めました。

持ち主不明のキャリーバッグがロビーに放置されていたので、警察は最悪、爆発物と判断したのでしょう。

最終便が到着した後で、本格的処理をするつもリと判断したのでしょうか、動きが無くなったので、私たちも帰途につきました。

不審物対策を現実に見ましたが、今日のニュースでもなかったようですから、何事も無かったのでしょう。
安全第一で徹底するなら、A出口かちがうルートにまで変えて安全確保でしょうが、そこまでの物ではなかったようです。警察の方も一安心ですね。

2013年1月18日 (金)

息子と妻が冬休みで帰ってくるが・・・

本日の晩8時20分に、成田に息子(5歳)と妻が着きます。中国の冬休みが昨日から始まり1カ月です。春節(中国の正月)を挟んで休みとしています。

中国の国内では春節に都会に出稼ぎに来てる人々が田舎に帰る大移動が始まります。
それに対し、反日運動の影響で日本と中国を往来する人が激減したため、航空路線に影響が出ています。

妻の実家に近い空港から成田への直行便が毎日有ったのですが、この路線が運航を取りやめました。上海乗り換えか、北京乗り換えで来るしかないのですが、妻の知ってる人がやっているチケット屋さんがあり、香港経由だと上海経由のほぼ半値というのに引かれ、今日はそれで帰ってきます。

しかし、時間は乗っているだけで、香港まで1時間40分、香港成田が時差1時間プラスして6時間、計7時間40分 直行便であれば4時間半なのに3時間も多い。
朝8時に家を出ると言ってたから半日以上の旅。疲れるのではと思うが本人はいたって呑気!

荷物は少なくと言っといたが、多分色んな食材を持ってくると思われるし、我が町までの高速バスもなくなってしまう時間なので、午後4時半出て2時間半かけて迎いに行きます。
午前中はベッドの用意や、息子が使うノートパソコンをセットしました。

こんな思いをして帰ってきますが、夏休みから5が月たってますので、なじむまで日にちがかかります。

買い物や遊びに行きたい所への運転手になるのは確実。食事も、半分以上は私がつくる事になります。
普通であれば、楽ができると思われますが、実際はお客様を迎える様なもので大変なんです。ただのお客であれば静かでしょうが、注文の多い、口数の多いお客ですから。

まあ、それでも家族がそろうのはいいもんです。
スカイツリーやディズニーに行きたがるでしょう。ディズニーの新しいミッキー型の温かい中華マンでも食べに行ってこようと思います。
Disney241

2013年1月16日 (水)

これからの中国は?

我家は妻が中国人で本国に兄弟家族がいますので、どうしても中国の動向が気になります。
そんな中、昨年末発行された 「中国の終わり」のはじまり を読みました。

アジア情勢を文明史から分析する黄 文雄氏と、北京大学卒業後2007年に帰化、中国や日中関係の問題について講演、執筆活動を行っている石 平氏の共著です。

タイトルを見た瞬間、何!これは!自分自身が12年間、中国との行き来、生活の中で感じてきたところとどうだろうと思い一気読みしました。

第1章 すでに始まっている中国経済の大混乱
第2章 新皇帝・習近平は中国をどう変えるか
第3章 日本人が知らない中国人の正体
第4章 これから中国で何が起こるのか


で中国の現状と今後が語られてます。

鄧小平の改革開放政策でもたらされた経済発展ですが、2007年をピークに下落に転じ、8%の経済成長も7%、6%へ下降すると言われます。
中国経済は外部依存型経済で、外資と人件費の安さからくる加工産業の輸出依存により
発展してきました。ここにきてインフレによる人件費高騰でメリットが無くなり、外国資本の引き上げが行われています。EUを始めとした世界経済の悪化で輸出も激減経済の下降は内需拡大でいけるとよく言われますが、内需拡大でといっても富は一部に集中しているため所得の分配ができず、格差が広がるばかりで望めないといえます。

江沢民がつくりだした権貴階級、特権階級の汚職、富の集中による格差。愛国教育(反日)というガン。胡錦濤は改革を打ち出すもできずしまい。
共産党政権の存在は経済成長と反日で維持されているといえます。この経済成長が怪しくなれば政権は持たなくなります。

問題を多く抱えた中国政権は経済の落ち込みは確実で、社会の混乱を深めていくことになります。経済崩壊、デモや騒動の頻発、国内動乱が強ければ政権は崩壊します。
反日という対外冒険主義と政治改革、権貴階級、特権階級の腐敗を徹底的に改革し、現在の格差問題を解消し民主化を進め、鄧小平意向の数十年間に蓄積した諸悪の根源を解消する、即ち共産党の一党独裁に終止符を打てるかですが、習近平ではできないであろうといわれます。

2年、3年後の国内の混乱を終始するのはいつもの手である「外部の敵をつくる」反日、尖閣問題に頼らざるを得ないでしょう。日本に対しては強く出てくるでしょう(海軍は戦争をしたがっていますが陸軍、空軍は臨んでいないようです)。

インド、ロシアは臨むかもしれません。中国の国力を下げるという点でです。アメリカも東南アジアでの覇権を確立するという意味で裏では望んでいるかもしれません。

習近平は任期10年を待たずに失脚するであろうと両氏は一致してます。そして中国は崩壊のプロセスにあり、国家分裂へ向かうのではと。分割してそれぞれの国が民主化に向かうのが中国のため、世界のためにも幸せになると結んでいます。

現状の中国人の自分だけが正しい、蔓延するゼニゲバ意識(拝金主義)、ゆがんだ領土意識、社会の脆弱性、海外に資金も人も逃げ出している、国を信じない等々はご都合主義の政権、国民性となり世界から忌み嫌われ続けるといえます。

現在では、日本では8割り近くの人が中国、中国人をきらっています。反日運動の暴力と破壊は、中国と直接的な関係の無い、何とか良い関係でいたいと思ってくれてる人の心情
まで壊してしまったのがなんとも悲しいです。日本では「腹を割って話せばわかりあえる」といいますが、中国では「自分が正しい、相手が悪いのだ」の考えしかありません。
ここの考え方が変わらない限り不幸は続くと思います。中国が早く目覚めてほしいです。

妻も息子も戦争になる?と毎日聞いてきます。ならないよと答えますが、ちょっとした事で触発はあるのが現実であり、心配でならないです。

2013年1月15日 (火)

今年の24節

昨日は7年ぶりの大雪。埼玉も2時ごろは勢いよく降り、かなり積もりそうと思っていましたら
夕方から雨に変わり、大分溶けてきましたが今朝見るとかなり残っています。
屋根々に残る雪が朝日でまぶしく輝いていますね。

今年は例年より雪も多そうですね。
そういえば大寒まえだし、大寒を確認すると22日。

今年2013年の24節をおっていたら、春、夏、秋、冬の1年が又早く回ってきそうな感じと、今年1年健康でいたいとつくづく思いました。

皆さんご存知ですが、改めて書いたのをみますと、今年1年をどう過ごしたいかとか、今までの出来事が思い出されたりするのではないでしょうか。

皆さんも日にちを追ってみてください。1年が早く感じます。そして正月から半月たった今、今年の自分捜しを行ってみるのも良いのではないでしょうか。

2013年の24節

1月  5日 小寒  22日 大寒
2月  4日 立春  18日 雨水
3月  5日 啓蟄  20日 春分
4月  5日 清明  20日 穀雨
5月  5日 立夏  21日 小満
6月  5日 芒種  21日 夏至
7月  7日 小暑  23日 大暑
8月  7日 立秋  23日 処暑
9月  7日 白露  23日 秋分
10月  8日 寒露  23日 霜降
11月  7日 立冬  22日 小雪
12月  7日 大雪  22日 冬至

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チョイスナップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P1020457_3           コブシの芽がふくらんできました

2013年1月11日 (金)

今朝、旗当番をしました

小学校の学童登校の安全のために、親が毎日交代で交差点に立ち、横断中の黄色い旗を使って誘導するわけですが、どこの場所でも見る光景です。

私達の担当する地区は2カ月に1回程度の頻度です。
今朝は特に冷え込みましたので厚着して7時30分~45分と行いました。

1班6~8名で10班。班長の6年生が先頭、その後が1年生、最後が副班長で6年生か5年生の構成です。

立つ交差点は駅に近い交通量の多い交差点で、右折車、左折車に気を使います。一番気を使うのは高校生の自転車です。猛スピードで乗ってくる高校生が多く、しかも歩道を走るからです。

子供たちは賑やかな班もあれば、黙々と静かに歩いているだけの班もあります。学校につけば楽しい仲間がいるのだから頑張って行ってきなさいと心で応援したくなります。

それにしても鞄がカラフルになりましたね。TVコマーシャルで宣伝していますし、大型スーパーにも沢山並んでいますが、実際に背負って登校する姿もカラフルで楽しそうです。

6年前、娘に買った時は赤と、黒と青しかなかった気がします。小6の娘が、今の子はいいなといつも羨ましがっています。

日本の車も人も自転車も基本的に和やかです。
なぜそんな事を言うかといいますと、娘の幼稚園から小学校3年終了までの中国の事を思い出してしまうからです。

基本的に親が送り迎えです。給食がなく昼には家で食事をするので送り迎えが午前午後2回あります。母親も仕事を持っていたりしますので、近所の人に頼んだり、送り迎えをお金を払って頼んだり、昼食と送り迎えを行ってくれる商売の人に頼んだりと大変です。
昼食は頼んだところで何を食べさせてるか不安になります。
全てが親の自己責任です。

この点、日本では給食もありますし、学童保育もありますので安心です。
娘はオートバイのおじさんに送り迎えしてもらっていましたが、事故が起きそうな事が多く
怖かったと今でも思い出す様で、ぞっとするような話もします。
日本で生活した事のある中国人は、生活はやはり日本がいいと言ってますし、できるなら
又、生活したい!と言いますね。

2013年1月 8日 (火)

がっちりマンデー

TBSの「がっちりマンデー」(日曜日7時半)を必ずみますという方が沢山おられると思います。私も毎週、見ています。

今の日本の状況の中で頑張る、元気な企業の紹介が多いので、いつも気持ちを前向きに
させてくれますね。

今週は社長さんたちの、今年、気になる企業特集でしたが

・相模屋食料株式会社(豆腐製造) 群馬県前橋市 
・オークビレッジ柏の葉(貸し農園) 千葉県柏市
・Sansa株式会社(名刺をデータ化) 東京都千代田区


の3社が紹介されました。
いずれの企業も躍進しているわけですが、これに対するゲストの社長さんたちの言葉が印象的です。

・豆腐業界は変化が難しいと思われ、イノベーションが難しい商品とされていたが、社長が
 ガンダム好きで、反対を押し切って、ガンダムキャラクターの「ザクとうふ」を発売し、大成
 功。続いて鍋用の「ズコックとうふ」を発売。これも増産につぐ増産。
 「社長が引っ張らない企業は成長しない」

「経験や知識は創造の壁になってしまい新しい製品ができない」
 部下の意見を聞いたりしても決断は社長であり、部下の意見を求めて動くような会社は
  だめである。

「会社が教育することが大事。アルバイト社員であっても教育することで定着する」

「そんなことは意味無いといわれるようなことであっても、自分(社長)が直感として行ける
 と思ったことをやり続ける事で成功に結びつく」
。自分の考えに自身を持って進むことが
 肝要である。

いずれも「社長が引っ張らない企業は成長しない」に尽きてました。

来週はどんな企業が紹介されるか楽しみですが、日本には元気な企業が沢山あることに
驚かされます。そしてこの力が日本だとあらため実感させられます。

2013年1月 7日 (月)

何時帰ってくる?

昨晩、スカイプのテレビチャットで、中国の冬休みが始まるのが何時からで、帰ってくるのは何時?と聞くと話している音声が聞こえないという返事?

まだ決めてないので 又、いつもの都合悪いことは聞こえないふりしてるなとわかったので、チャットを入れ始めたら、反応が面白く、娘と私で笑いこげながら送り続けました。

5歳の息子も参加してきて笑いながら、二人で打ち込んできます。スピードが遅いので時々ですがチャットに返信書き込んできます。

私のパソコンなので日本語で送りますが、それを声を出して読むのですが、ぜんぜん日本語がスムーズに読めません。娘がいらだって中国語で書いた紙をカメラで見せると反応が。それもそのはず悪口を書いたんですからね。すぐに向うから中国語の反論が。

30分ぐらい続けましたが、結局、今年は春節(中国の正月)が2月10日で在るのはわかりましたが、1ヶ月ある冬休みが何日から何日までで、帰ってくるのはいつかは、判らずじまいで終了。疲れる!

今晩、又、話すしかない。娘のパソコンには中国語のOSが入っているので、今晩はそれで
中国語で行うほうが反応せざるを得ないので決まるかも知れない。

反日の影響で、直行便がなくなり上海経由でくることになり、時間がかかりそうです。
息子は妻に何時帰る?と何度も聞いていましたから、やはり早く帰ってきたい様で可愛いですね。早く会いたいです。そして一緒に色々遊んであげたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チョイスナップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P1020477_convert_20130107092336            近くのお寺の鐘です。晦日から昨日までは参拝客でなり続けてました。
            10日には恒例のダルマ市が開催されます。      

2013年1月 6日 (日)

石油ファンヒーターがダウン!買い換えました

昨年の12月中頃から、石油ファンヒーターのエラーが出てとまってしまう事が、起こるようになりました。取扱説明書によると、「油フィルター・油受け皿内に水やごみがたまった事による自動消火」のエラーと「シリコーン配合商品の使用により燃焼部にシリコン酸化物が付着したため自動消火」の2種類のエラーが交互に出ました。

油フィルターの掃除や水やごみを取り除く作業を説明書にしたがって行いましたが駄目。
あきらめ、こんなときの予備に買った芯式の石油ストーブに変えて暖房。

北側の私の部屋や廊下を暖めるのにも使用しているので、リビングを行ったりきたりで一苦労。

たまたま、ファンヒーターのスイッチを入れたら火がついて止まら無い。助かったと思っていたら、4日ぐらいでまたストップ。再度掃除したらまたOK。だましだまし使うしかないなと思っていましたが昨日からまたストップ。もう掃除してつけてもすぐストップばかり。

2008年購入の製品で5年使用し6年目に入っているので限界と思いました。2年前に同様の現象で修理に来てもらいましたが、その時は駄目になりやすいところがあるらしく、そこを掃除して直してくれました。ここが駄目になると寿命ですといわれたのを思い出しました。

初売りでいけば安かったかも知れませんが、こればっかりはしょうがないと諦め、いざホームセンターへ。メーカーも、形も使い勝手もほとんど同じほうが良いので、ダイニチのブルーヒーターを探しますと在りました。

初売り値段かどうかわかりませんが、8,980円(ダイニチブルーヒーターFW-328S)。ラッキーと思い即買いました!ネットで見たら安いので9,660円でした。
001_convert_20130106173449
           左が買い換えた新品 右が5年使用したファンヒーター

使い勝手はほとんど同じですが、操作部がコンパクトになってますね。
シリコーンによるトラブルが多いのか、注意書きの最初に細かく書いてあり、これによる故障は3年保証の対象外になっていました。

新しいせいか、燃焼効率も良いと見えて温度設定を2度ほどさげても大丈夫です。これから、寒さがもっときつくなり、大寒もやってくるのに石油ファンヒーターが駄目では話にならないので、これで一安心です。

2013年1月 4日 (金)

中国のタイガーバームと豆乳製造機

いつも使用しているタイガーバームが少なくなってきたので、送ってくれるよう中国に息子と一緒にいる妻に頼んだ品物が、2日夕方届きました。これにまつわる話です。

タイガーバームは虎標万金油(Tiger Balm)と商標されて売っているもので、皮膚疾患、痒み止め、鼻づまり等に効くとありますが、私には肩こりや、足の筋肉疲れ、気管支のイガイガ等にも効くので重宝して使用しています。

中国で購入すると偽物が多いので、購入するのも難しいのですが、台湾、シンガポール製のもあるのでそれは信頼できるであろうと言う事で中国茶(鉄観音茶)と一緒に送るように頼みました。どうも今回のも本物でないような気がします。

P1020539_2         中央が本物、今回のは左端と右から2つが送ってきたもの。
         写真では判りにくいですが本物はブルーの色が一番薄いです。

届いた荷物は大きな段ボール! EMS便で15.5kg、日本円で約5,500円の送料の荷物です。

開けてみると、タイガーバームは3個、中国茶の他に大豆、大豆の粉、海苔(日本と違って1cmぐらいの厚さで40cm角位のもの)、落花生、干し椎茸、小魚干し、乾燥ナツメ、菓子類の食材が沢山です。2月の旧正月の休みに帰ってきた時の食材です。

大豆は、豆乳を毎日作るためです。
中国から去年持ってきた豆乳を作る機械があり、15分で1リットル位できます。
中国の製品なので電圧が200V必要。日本で変圧器を購入すると1万円近くするので
中国製トランス、日本円で1,500円から2,000円も合わせて持ってきたものです。

苦労したのは中国のコンセントを日本のコンセントに合わせる変換コンセントがネットでさがしまくった事です。日本製品を海外で使用する為の物は沢山ありますが、逆は本当にないですね。東京の練馬区のお店で扱っているのをやっと見つけました。

P1020527_2                 縦長のジャーみたいな外観です
P1020530_3                蓋をあけると温度センサーと撹拌するカッターの刃があるのが
                判ります。

大豆1合とお水1リットル程入れ、スイッチを入れればお湯になり大豆を軟らかくし、ミキサーみたいな刃で撹拌して出来上がりです。

これを目の細かい濾しザルか布で濾すと温かい豆乳の出来上がりです。
しぼりかすはおからですので、卯の花等の料理の材料に使えます。

日本では豆乳を作る機械を見かけないような気がします。中国では毎日飲むので、機械が
どこの電気屋さんでもありますね。

健康にいいのですが、体に合わない時期が少しあったので、私自身は今は飲むのをやめています。妻たちが帰ってくるとこの機械も毎日活躍です。

料理の材料が沢山来たので中国家庭の食事内容が増えそうですが、使用する油と量を注意して料理を作る様頼もうと思ってます。そして毎日、油っぽい食事が続くのだけは避けたいです。

中国の家庭では油の使用量が多いですが、健康に問題ないとは不思議です。
昔から続くDNAがそうしても問題ないようになっているとしか思えてなりません。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック