« 前向きで創造的な人は若くいられる! | トップページ | 羊毛フェルトのマスコット手作り »

2012年12月 9日 (日)

捻挫を押しての娘の持久走大会

毎年、恒例の小学校全校の持久走大会があり見学してきました。

各学年の女子、男子の順で行われ、低学年は学校のグランドをほぼ半周し学校周囲のコースを一周。高学年はグランド一周後、コースを2周するので約1.5kmです。

見学に行ったのも、「今日は完走できれば良いと思って行けば良いよ。無理だたら途中棄権してもしょうがないね」と言って送りだしたからです。

前の日の休み時間に走っている時、落ち葉に隠れた窪みを踏み、右足首をひねって捻挫したそうで、保健室で湿布をして帰ってきました。明日走れないのではと思いながら、近くの
接骨院に行き見てもらいました。

明日の持久走大会の話などしながら、電磁波治療と、スプレーに寄る冷やしとテーピングをしっかりしてくれました。これで明日は走れると思うから頑張る様にと先生にも激励されて帰りました。温めてはだめというう事で風呂は中止。

朝起きた時の調子は歩けるけど、走れるか判らないとの事。
出場提出用紙に、参加するに○をつけ、捻挫に為途中棄権があるかもしれない旨を書いて持たせました。

見学に行った30分後に5,6年生が準備体操開始。終了後グランド一周の準備走行。
娘がいました!走るつもりの様です。普通の走りのように見えます。

いよいよ、スタート。グランド一周の状態では、10番手位。門から周囲のコースに出て一周目で戻ってきた時は7番手。しかし、帽子は手に持ち、ややあごも上がり苦しそう。

二周してゴールにもでって来た時は15番手に落ちてました。走り終えた時、右足の太ももを
押さえてました。

今朝の状態では、走れないのではと思っていたのが、出場し、出場者4クラス分の女子約60名で15番の位置ですから頑張ったなと感動しました。

帰ってきて、話を聞くに「体力は余っているのに、右足が動いてくれない。いつもならダッシュできるのができない。無駄な力を使ってる感じだった。最後の所でいつもは伸ばすのが出来ず、抜かれて悔しかった!」との事。
去年は腹痛で良い成績になれず、皆からどうしたのと言われたようで、今年はリベンジで10位以内を目標にしてたせいか、捻挫で絶好調でなかったのに、かなり悔しかったようです。

捻挫にも関わらず完走した事。去年より条件が悪くても順位が上がった事。それだけで立派と褒めてあげました。

4時半からのプールは、足に良くないので休み、夕方7時半に変えたフルート教室に向かう車の中ではぐっすり寝入っていました。疲れがどっと出たのでしょう。
フルートは、予想以上の出来栄えと先生に褒められ元気が出たようで、ホッとした一日になりました。

« 前向きで創造的な人は若くいられる! | トップページ | 羊毛フェルトのマスコット手作り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちの小学校・中学校とマラソンあります
うちの子たちの時は3学期で
インフルエンザとか流行って延期になったりで
いつからか今頃の時期になりました
お嬢さん悔しかったでしょうけど
頑張りましたよね!(^_−)−☆

>りょうちゃんさん
コメント有難うございます。
結構、負けん気が強い方で
頑張ったようです。
予選では7番だったのでそれ以上を
目指したかった様です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584841/56283292

この記事へのトラックバック一覧です: 捻挫を押しての娘の持久走大会:

« 前向きで創造的な人は若くいられる! | トップページ | 羊毛フェルトのマスコット手作り »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック