« 我が町の無電柱化が完成! | トップページ | 前向きで創造的な人は若くいられる! »

2012年12月 6日 (木)

偽物商品の競争

中国の偽物ブランド品のお店の話です。

女性は殆どの人がブランド品に憧れ、競って日本から買って帰ります。最近はフランスやイタリアまで観光に行って買ってきます。
何故、そんなに憧れるのかと呆れます。飛行機内でも空港でも皆持ってます。それが自分に在っているかふさわしいか等は関係ないのです。持っているだけでいいわけです。

妻にもファッションや着こなしはブランド品でなくても、その人に合うものが良い事を絶えず言い続けています(苦笑)。最近は少し納得してきた様です。

そんなブランド志向がもたらすのが偽物商品の競争です。
妻の街は地方の町なのに、バッグや鞄等のブランド品が沢山あります。最初行った時に何でこんなに在るのか不思議でなりませんでしたが、全て偽ブランド品店だという事を教えられました。

極端にいえば偽物ばかりと言っても過言でないのです。携帯電話屋さんは4,5軒起きに在り、偽物が並んでますし、CDやDVDに至っては殆ど偽物です。
衣料品も、スポーツシューズも殆ど。子供のおもちゃから衣類も。

妻について入ったブランド」バッグ店で、
妻:「これ本物?」
女店員:「本物だよ!」
妻、自分のバッグを見せて「これが本物よ」
と見せる(こういう所はまさしく中国人(苦笑))
女店員:「私、本物知らない!この店に在るのは他の店より上手く似せて作って在るよ!」

と、堂々と偽物である事いいながら他よりいいよとは、どうなってんだこの国の人たちは!と唖然としてしまいました。どこに正しいものがあるのかを捜す方が難しいなんて信じられなかったです。

最近はユニクロと似た商品が1万円から1万5千円したりして、衣料品が極端に値上がりしてるようです。昨晩のスカイプの話で「セールが在ったらユニクロと資生堂化粧品買っといて!」。旧正月のお土産持ち帰り品の予定でしょう。

買ったお金はこちらには戻らず、中国のお金で貯金されてしまうのがチョット癪です(笑)
200512_0462

« 我が町の無電柱化が完成! | トップページ | 前向きで創造的な人は若くいられる! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584841/56263202

この記事へのトラックバック一覧です: 偽物商品の競争:

« 我が町の無電柱化が完成! | トップページ | 前向きで創造的な人は若くいられる! »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック