« 野の花 | トップページ | サイボクハム »

2012年10月28日 (日)

十勝の花咲かばあちゃん

本日の報道2001で「十勝の花咲かばあちゃん」が紹介されました。87歳の元気 なおばちゃんの感動的な内容でしたので、書かせていただきます。

お名前は紫竹昭葉さんとおっしゃるおばあちゃんです。

1983年に最愛の夫の勲さんを亡くさられそれまでは、36年間普通の主婦だったそうです。 一人ぼっちになって、まるで放心状態のような毎日から何か自分らしい生き方を考えようと、5年後の62歳のとき、花の農家になる と決め、帯広郊外の美栄町に15,000坪の牧草地を購入したそうです。

子供のころから花を摘んだり、山遊びをするのが大好きで、野原をお花畑にしたいと言う気持ちと興味が個人のフラワーガーデンまで造り上げてしまったのです。

紫竹ガーデンといい自然流ガーデンで帯広に在ります。今では年間10万人以上の観光客が訪れる北海道の一大観光名所となっています。

このガーデンでは自然流で土も堆肥づくりから。そして堆肥にはしゃけの頭や内臓、骨まで入れ海のミネラル一杯の土を使用。
水は天からの水のみ。子供を育てるのと一緒、厳しい事も必要。
そんな自然の中で咲くお花ばかりですので自然流のお花畑となっています。

高齢者の方が殆どで作業され、地域の活性化にも結果として貢献されているわけです。現在は千歳から帯広を 結ぶ高速道路のSPのお花畑に取り組んでらっしゃるそうです。

平均寿命が85歳なら、あと20年もある。どのように生きるのが自分らしいのかと思ったのが出発点だったそうです。

「心配や不安はいつでもつきまとうもの。この年から始める元気はだれにだってあるんですよ」とほほ笑まれ「ぱちぱちと目を3回つぶるだけで20年、あと3回で更に20年頑張るわ」とにこやかに話されてました。
北海道全体を野原の花でいっぱいに埋め尽くすのが夢との事です。

C0156613_0341051

元気をいただきました。北海道に行き訪ねてみたい所がまた一つ増えました。
写真集がありましたのでご紹介します。

北海道ガーデン街道

« 野の花 | トップページ | サイボクハム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584841/55987428

この記事へのトラックバック一覧です: 十勝の花咲かばあちゃん:

« 野の花 | トップページ | サイボクハム »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック