« 今日は寒露 | トップページ | 気楽が一番かな »

2012年10月12日 (金)

気の重い日々

我が家は現在、日本と中国に分かれて生活してます。私と娘(小6)が日本、妻と息子(5歳)妻の実家、中国です。息子が中国語の基本をマスターする3年間の予定です。

今は日中の思わしくない事件や報道続きで気が揉めて成りません。
中国では、毎日、「尖閣は中国のものであり世界が認めてる」、「8年後には中国のものにする」と過激な放送が流され続けているそうです。学校でも「日本製品の不買、不売」を教えているそうです。中国政府は日本のものと判っているが故、国民を扇動して圧力としてます。

こんな状況は日本では細かく報道されませんが、中国人民全員に政府が叩き込んでいるわけです。
ネットの世界では強硬発言が殆どで戦争せよ!まで飛び交っています。息子が戦争になるの?と絶えず聞いて来ました。ならないよと答え安心させましたが、偶発的な争いが起こりえる可能性は有ります。

11月8日からの中国全人代が始まり、習近平に変わるでしょうが、日本に対する対応は変わらないでしょう。今以上に経済制裁を強化するかもしれません。日本も国の所有とした事は変えませんし、譲歩は少しでもあってはならないです。チョットでも隙を見せれば次々と攻め込むのが中国です。

国交回復以来40年間、ODAや円借款、技術支援等で中国の発展に寄与した日本を正しく、国民に報道せず、政治的に反日や愛国を行ってきた中国です。

日本が東南アジアの国々や世界に、中国に対して努力、貢献した事をしっかり説明し、日本の正当性を根気よくアピールするしか有りません。
プロバガンダに負けない日本をアピールするしか有りません。プロパガンダを叩きのめすしか有りません。

2022年まで日本が、日本の領土として実効支配を続ければ、国際的にも確実になります。中国はそれを阻み自国のものとするのが目的です。阻む方法は目的の為になんでもするでしょう。本当に気の抜けない長い対立となりますので、毎日気が重いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チョイスナップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P1020291_convert_20121012165458            秋の日をあびるレストランの穏やかな窓

« 今日は寒露 | トップページ | 気楽が一番かな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584841/55873942

この記事へのトラックバック一覧です: 気の重い日々:

« 今日は寒露 | トップページ | 気楽が一番かな »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック