« 川越の菓子や横丁 | トップページ | 敬老の日とはいえ、、、 »

2012年9月16日 (日)

敬老の日

明日は敬老の日。前は9月15日であったが法改正で9月第3月曜日となったが、15日が頭に焼きつているので紛らわしいです。

Wikipediaに寄ると敬老の日の始まりは

「兵庫県多可郡野間谷村(後の八千代町を経て現在の多可町八千代区)の門脇政夫村長(のち兵庫県議会議員)と山本明助役が1947年(昭和22年)に提唱した「としよりの日」が始まりである。「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、従来から敬老会を開いていた。これが1950年(昭和25年)からは兵庫県全体で行われるようになり、後に全国に広がった」

とあります。

各自治体で色々な催しがあり、該当者は招待されたりする事があるでしょうが、長生きとなった今、何歳からが該当するのかななんて考えちゃいました。

後期高齢者の75歳以上あたりが役所の考えではなるのでしょうか。
一般家庭では、お爺さん、お婆さんと呼ばれる方々であれば、敬老にあたいするとしてますね。贈り物したり、花を送ったり、家族全員が集合してお祝いしてあげたりと、和やかな日になりますね。

そうなると孫のいらっしゃる方は、判り易いですけど、そうでない人はチョット寂しいです。
私は晩再婚ですから、敬老の日は来ないのかな(笑)

まだまだ現役で、孫の様な子供を頑張って育てられるよう神様にお願いするばかりです。

« 川越の菓子や横丁 | トップページ | 敬老の日とはいえ、、、 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584841/55673068

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老の日:

« 川越の菓子や横丁 | トップページ | 敬老の日とはいえ、、、 »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック