« 中国への持ち帰り品 | トップページ | 無残なミニ菜園! »

2012年9月 6日 (木)

娘の水泳教室

顔を水につけるのも嫌いだった娘が、いまでは泳ぐのが命と思うほど大好きになった話です。

小学校3年の9月に中国から転校しました。中国では体育と言ってもお遊び程度的な授業で日本のように色々ありません。日本の学校では水泳の授業もある事は判っていましたので、泳げないのは可哀そうと思い、学年末3月に、地元で長いことやっていて実績のある水泳教室の週2回コースに入れました。

泳いだ事も、プールに入った事も無いので一番下の8級、蹴伸びが出来るからスタート。
同じクラスには幼稚園生や小学校1年生位が殆ど。その中で大きい生徒一人でした。

友達は1級まで進んでいて、本人は気恥ずかしい所もあったでしょうが、文句も言わず始めました。いつも友達のコースの方を見ては早く泳げるようになりたいと思い続けたと言ってました。今思うと良く耐えたなと感心します。

3月末の検定で8級が合格。その後は女の子の真面目さが幸いして結構順調に進みました。順調なせいか、各先生方も熱心に指導して下さいました。
4年生5月 7級合格
4年生7月 6級不合格 夏休み特別教室で練習し8月 6級合格
4年生9月 5級(クロール)合格
4年生11月 4級(平泳ぎ)合格
4年生1月 3級(背泳ぎ)合格
4年生3月は東日本大震災で検定中止 5年生5月に2級(バタフライ)合格
5年生7月 1級(50m個人メドレー) タイム2分10秒で検定合格ラインを1分47秒2で合格。
中学生の合格タイム1分50秒を上まったので、先生方から「良いタイムで泳げたね!」の言葉をいただき、本人も満足。同学年の友達たちより10秒近く早いので「やったー!」と心で叫んだようです。
先生から選手育成コースを薦められましたが、本人は他の習い事の関係から、一般の修習コースで頑張り、タイムを上げたいと決めました。

これ以後はタイムに挑戦、泳ぐのが大好きで相変わらず週2回必ず行きます。
バタフライが皆さん苦手ですが、これが得意の様で、親ばかの目で見ても結構恰好よく力強い泳ぎをします。7月の50mメドレータイム検定で1分36秒5を出しました。
今月は1秒でも短くしたいと言ってますが、運動会の練習やら有るので、どうなりますか。

顔つけもできない子が泳ぎ大好き人間に変わるのですから、子供の能力は素晴らしいです。娘には努力が大事という事を言い続けてきましたが、娘も自分の体験として実感でき、根気よく頑張る事が身について良かったと思ってます。

« 中国への持ち帰り品 | トップページ | 無残なミニ菜園! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584841/55591477

この記事へのトラックバック一覧です: 娘の水泳教室:

« 中国への持ち帰り品 | トップページ | 無残なミニ菜園! »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック