« 何もしたくない日、、、 | トップページ | ドジな買い物に! »

2012年9月20日 (木)

埼玉県の「子育て応援分譲住宅」

埼玉県が全国初の「子育て応援分譲住宅」の認定制度を始めました。子育てしやすい住環境の整備を一層促進する事を目指しての事です。

認定の概要は10戸以上の新築戸建て分譲住宅団地である事。
ソフト面では
・新たに移り住んでくる子育て世帯と既存の自治会、町内会等の地域住民とのふれあいイベント等の開催など
・子育ての悩みや医療に関する相談への対応や保育所、幼稚園への送迎など、自治会、町内会、管理会社等と近隣施設の連携による子育て支援サービスの提供など
ハード(住宅)の整備では
・家族の絆の確保等
・子供の安全性確保
・居住環境の確保が
等が」認定基準となっている。

この認定を受けた場合
・物件の販売広告等で、埼玉県子育て応援分譲住宅の認定マークを使用できる。
・認定された戸建て分譲住宅団地は、県のホームページで紹介
・県と金融機関が連携して実施する「埼玉の子育て応援!!住宅ローン」に寄る金利優遇対象物件となる。

これは分譲住宅会社にとっても、購入者にとっても判り易い判断基準になるといえます。
又、地方の住宅環境の向上と地方の活性化にもつながるので、他の県にもぜひ広まって欲しいものです。
440506_convert_20120920215730
第1号の認定団地は「ポラスマイホームプラザの大型分譲住宅「育実の丘」」で県のホームページに載っています。

参考埼玉県子育て応援分譲住宅の住宅の基準としてはかなり細かい基準が設けられていますが良いポイントが沢山あります。 (詳細は埼玉県子育て応援分譲住宅認定基準のPDFをご覧になってください)

★必須条件
・建物は延べ面積が100㎡以上で敷地面積が130㎡以上か延べ面積が90㎡以上で敷地面積が100㎡以上で、それぞれ認定基準が異なる。
・子供への目線が確保できるよう、対面形式のオープンキッチンを採用するなど、キッチンからリビング等に居る子供の様子が確認しやすい間取り
・ゆとりのある収納スペースの確保する為収納率を15%以上
・玄関の土間部分にベビーカーや子供の遊び道具などを置くため、1㎡のスペース確保
・階段は折り返し階段。それ以外は踊り場を設ける
・ホルムアルデヒド対策の材料を使用する

★家族の絆の確保など
・子供の成長等に合わせた間取り変更に対応できるようスライドドアを採用するなどの工夫
・子供が家族とのコミュニケーションを取りながら学べるよう、リビングやダイニングに勉強に利用できるスペース確保
・リビングなどの家屋の集まるスペースを中心とし動線を確保
・家族の絆を深めるための工夫

★子供の安全性確保
・衝突時の危険防止で、柱の面取り、出隅部に角が出ない、扉の反対側に人のいる気配が判る扉にする
・不用意な子供の感電防止するコンセントカバーの設置
・子供が危険な場所(台所、浴室、ランドリー等)に近づけないようにするため侵入防止の建具やチャイルドフェンスの設置。または設置できる下地の施工
・扉の指はさみを防止するため、挟みにくい形のサッシュ、ドア蝶番、ドアクローザーの採用
・1階開口部の面格子の設置、防犯ガラス又は防犯性の高い施錠設備の採用
・警備会社と連携したホームセキュリティシステム等の設備による防犯対策
・その他子供の安全性確保の工夫

★居住環境の確保
・外部への音漏れ軽減としてJIS等級T-25以上
・子育てに必要な情報入手や子供の学習に活用できるよう各室にブロードバンド対応設備
・住宅への出入りスムーズにするために、子供を抱いて出入りしたり、子供が使用しやすいようにするためドアの握り手はレバー型かプッシュプル型を採用、同rから玄関まで段差のない構造。
・敷地面積の10%以上の広さの緑地を設置

« 何もしたくない日、、、 | トップページ | ドジな買い物に! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584841/55705706

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県の「子育て応援分譲住宅」:

« 何もしたくない日、、、 | トップページ | ドジな買い物に! »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック