« 特定健康診断受診 | トップページ | 夏休みで妻と息子が帰ってきました »

2012年8月 8日 (水)

ペルセウス座流星群の極大日と金星食

夏の風物詩になっている流星群。8月12日(日)、13日(月)は3大流星群の一つ
ペルセウス座流星群の極大日です。

7月下旬から8月中旬にかけて流星群が出現しますが旧のお盆の時期にピークを
迎えます。

12日、13日とも0時から夜明けまで観測できるそうです。
0時には、北東の空に1時間に約10個程度の流星が見られる様です。

ちなみに3大流星群はペルセウス座流星群・しぶんぎざ流星群・ふたご座流星群です。

Img_20120812                 流星群の見える方向 (KONUCA MINOLTA天文イベント年表より引用)

8月14日(火)は金星食です!
金星は肉眼でも見れますので場所によって異なりますが、午前3時頃、月と金星が重なり金星が月に隠れる現象が見れます。
Img_201208142        金星食の状況図(KONUCA MINOLTA天文イベント年表より引用)




« 特定健康診断受診 | トップページ | 夏休みで妻と息子が帰ってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~~、今年は天体ショーがたくさんで嬉しいです♪
ちょうどこの日はキャンプに行くので、
コドモらと観られるといいなぁ~と思ってます!
ただ、、ちょっと天気が心配です。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584841/55378765

この記事へのトラックバック一覧です: ペルセウス座流星群の極大日と金星食:

« 特定健康診断受診 | トップページ | 夏休みで妻と息子が帰ってきました »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック