« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

娘のフルート発表会準備

9月2日、娘(小6)の通っている音楽教室生徒さんの管楽器発表会の話です。

発表会は希望者が発表会用のレッスン代も含めて費用を支払って出演します。
フルートを初めて1年1カ月、先生からの出演推薦もあって、何事も経験と思い、ソロと
アンサンブルに出演する事にしました。練習も7,8カ月の2ヶ月間。25日には、アンサンブルの顔合わせと練習。9月1日の夜8時から1時間リハーサル。そして9月2日が本番です。

娘は自分と同じような年頃のメンバーを期待していたようですが、皆さん、私と同じに近い年代の方ばかりでした。ちょっと娘はがっかりした様です。音楽教室の生徒さんは趣味でやられる方も多いのでお年を召した方が多い事を説明した所、この点は納得。

メンバーで話をした際、アンサンブルなので服装もそれなりにそろえるのはどうかという話が出て、上は白、下は黒の服装となったそうです。

服装については気になっていたので、先生に前もって伺った際は、腹部を締め付けない普通の服装で良いとの事でしたので安心してましたが、やれやれ、やっぱりという感じです。

プロでもないのにコンサート服みたいのは避けたいので、捜しましたがジュニアやティーンズの既製服では上手く合うのがなかなか無いのが判りました。結局、ブラウス風の上着とフリル飾りの付いたキュロットスカートにしました。問題は靴。ジュニアでペタンコデで可愛らしくてシンプルな靴がなかなかない。結局、入園時に若いママが履くシンプルな子供が履いても違和感のないものに決めました。

出演を決めたものの、準備は結構大変ですし、費用もレッスン代も含めて1万5千円位の出費となりました。

友人には親バカと言われたりしましたが、経験する事が大事と決めた事ですし、あとは娘の頑張りを見たいです。更に親バカぶりを発揮し、バッチリビデオ撮影も行います。

音楽を始めるなら⇒イシバシミュージックスクールLESSONS レゾン

2012年8月30日 (木)

夏の夕暮れ

処暑を過ぎて月末になろうというのに、一向に暑さが納まらない感じがします。例年であれば秋の気配が感じるのですが今年は遅い感じです。地面が日照りで熱せられ蓄熱続きもあるように思われます。

台風も今年は15号まで発生しながら、日本本土に向かっているのは無いです。それだけ高気圧が強いのでしょう。台風が来ると涼しさが現れるでしょうが、強力な台風が来襲しそうで心配です。

そんな日々ですが昨日の夕暮れは空全体がピンクでさすがに秋の雲が現れてきていました。暑さももう少しの辛抱かもしれませんね。
Img_1005_convert_20120830174830
夕暮れの一瞬 廻りも空全体もピンク色でした。高い部分には秋の雲が現れています。

2012年8月29日 (水)

古いルームエアコンの修理

マンションの廊下側の2室に付いている古いルームエアコンの話です。
一昨年、マンションの大規模修繕で外壁の補修を行った際、廊下に下げてある天吊型の屋外機を塗装の為、業者が下げました。それが理由か判りませんが、昨年の夏、エアコンを使用としましたが電源は入っても運転できませんでした。東日本大震災の後で、計画停電もあったのでそのまま放置していました。今年の夏も、我慢してきたのですが、もしやの気持ちで、抜いていたコンセントをさし、リモコンの運転ボタンを押すと、働くではありませんか。なんで去年は運転できなかったのか不思議です。

もう一つの部屋も、もしかすると運転するかと思い、コンセントを差し、リモコン操作しましたがこちらは電源すら入りません。

エアコン自体、15年も経つ古いものです。マンションの廊下幅と高さから、廊下の天井に
張り付くように付いている天吊型屋外機のタイプは、もう、どこのメーカーも製品がありません。修理して少しでも使うか、ウィンドウ型エアコンを新しく取り付けるしかありませんので、
とりあえず、修理をメーカーにネットで依頼しました。

ダイキン工業さんですが素早い対応で指定した本日、朝8時半に見えてくれました。
早速、調べてみると、基盤が働いていないので交換するしかないとの事。

交換込みで2万円位という事で、作業をお願いし基盤を取り外してみると、過電流による黒こげ状態です。理由は判らないが、雷が原因という事になると、エアコンの制御盤も屋外機の制御盤もやられている可能性が大きいし、費用が5,6万円もかかってしまうとの事。

新しい製品を買った方が、費用対効果が高いと判断し、出張費2,415円だけで終わりにさせていただきました。良心的で親切な対応の方で本当にご苦労さまでした。

本当は一般のエアコンの屋外機を、廊下の壁に付けたいのですが、我が家とお隣だけ、屋外機を床に置くスペースがありません。壁に取り付けると避難の通路幅と高さが確保できないのであきらめ、ウィンドウ型エアコンにせざるを得ないと思っています。最近のマンションではこのような事は無いです。

節電で無しという手もないわけではありませんが、夜の蒸し暑さ対策で何時間かは運転できる状態にしたいので、最近のウィンドウ型エアコンは性能がどうか、本格的に調査開始し来年に備える事にしました。今年の夏のエアコン顛末記です。

P1020177_convert_20120829100017
屋外機の現状

検討するウィンドウ型のエアコン例

2012年8月28日 (火)

5歳の息子を自転車に乗れるようにする

中国から夏休みで帰ってきた5歳の息子。中国では補助輪付きで遊んでいるだけで、補助無しでは乗れないないので、乗れるようにする練習を8月23日開始。

娘が小1で夏休み帰ってきた時、練習した方法と同じ方法です。今ではネットで沢山紹介されています。一般的にはペダルを取って練習しますが、面倒なのでペダルを外さず行いました。

足をおろして蹴って前に進め、ある程度足をつかないでバランスをとれる様にする練習が第一ですが、補助付きで乗っていた時の癖で体が真っ直ぐになりにくい事が判りました。

次の日は最初押してやるだけで、後は自分で蹴らせました。2,3回やったらふらふらしながらもバランスとりながら足を地面に付かないように上げて進められるようになりました。

これなら、多分ペダルに足を乗せても大丈夫と思いやらせてみました。
なんと、ふらふらしながらもペダルをこいでいます!

その後は、自分で好きに走らせて見ましたが、なんとかハンドルを動かしながらバランスを取ってます。2.3回廻ったら、すっかり慣れて乗れるようになりました。

この間30分程度。妻は中国では一向に乗れるようにならなかったのが、簡単に乗れたので感動し、嬉しくて息子を何度も抱きしめてました。その後は乗ってる様子をiphoneで動画撮影し、興奮しっぱなし!
私としては、娘の時と同じ方法で簡単にのれるようになり一安心です。

今は毎日朝晩、練習してます。
中国に帰ったら、きっとのれるようになったと息子と妻が自慢しまくる様子が想像できます。

男の子にとっては自転車に乗れるようになるのは、小さい時の自信と優越感ですね。
20120824009_convert_20120827192145            息子の自転車練習(娘が使っていた自転車で)
            早くもちょっとメタボ的ですが、運動神経はまずまず。

2012年8月27日 (月)

足のむくみ

仕事を離れてから、歩く事が極端に少なくなり、前のブログに書かせてただいたように、歩く事を再開しました。7月末までは順調だったのですが、暑さもあって知らぬ間に疲れがたまっていた様です。7月30日、娘の誕生日でディズニーシーに行ったのですが、午後2時頃には歩くのもしんどくなってしまいました。少し早めに引き上げましたが、夕方足を見ると、何となく甲のあたりがプックラしているではありませんか。寝る前にアリナミンEXを飲みましたら、翌朝は何となく戻っていました。しかし歩くのは少し休む事にしました。

その後6日友人、10日は家族を成田まで迎えに往復6時間かけて運転。10日からは中国から妻と5歳の息子が夏休みで1カ月帰ってきましたので、小6の娘(晩再婚の為子供が小さいです)との生活のリズムは変わってしまいました。車で2時間の実家の見廻り、墓掃除を兼ねた墓参り、買い物のアッシー君、等を行っていましたら、また、足のむくみが出るようになってしまいました。

気になるので、血圧等でお世話になっているお医者さんに行きましたら、「足のむくみは第二の心臓といわれるふくらはぎの筋肉が働いていない からだそうです。固い椅子に座り、ゆっくりとつま先立ちを行い、ストンと踵を落とすのを交互に10回ぐらい行う足の運動を教えてもらいました。腎臓が悪くないか念のため血液検査をお願いし、小水も検査してもらう事にしました。

とりあえずという事で利尿剤をいただき、次の日には納まりました。朝昼晩足の運動を続けた結果、むくむ感じがあっても、前のようにプックリは無くなりました。

検査の結果が明日には判るのですが、単なる疲れである事を願っています。
年を取ると年ごとに具合の悪い所が増えてくるものだと実感するこの頃です。今後の、体力維持をどう行うか再検討をせねばと思っています。

2012年8月19日 (日)

坂戸よさこい祭り

今年も、坂戸よさこい祭りが18日、19日と盛大に行われました。今年で12回目です。沿道には出店がぎっしり並び、見物客もひいきの連に声をかけ、カメラマンが盛んにシャッターを切ってました。年々、連のファッションや踊りも洗練され素晴らしいです。坂戸地元の多数の連、幼稚園、小学校、高校の連の他に本場高知からの連も出演、近隣自治体、遠方からの連等で106連が参加。今晩八時まで行われますがどの連が優勝するか楽しみです。
P10201072_convert_20120819164508
P10201131_convert_20120819164553
P10201211_convert_20120819164634

2012年8月15日 (水)

墓参りと蕎麦処

都合で、昨日の雨の中、墓参りに車で1時間半かけて行ってきました。誰も住んでいない実家の墓で、草が生え茂ってますが雨なので草刈りするだけの墓掃除でお参りしました。

実家も誰も住まないので年々、傷みが進み悩みの種が増えてきました。年金生活で実家の家まで維持管理していくのは大変です。

わずかの畑も使っていただける方が居たのですが、その方も体の具合が良くないようでお返ししたいと言ってきました。

家の中の草刈り、畑の草刈り、自分でエンジン草刈り機で行えばよいのですが、暑い夏は体力的に慣れていないと大変です。これからは実家の町のシルバーセンターにお願いせざるを得ないと考えました。離れた実家を維持するのはつくづく大変だと実感しています。

帰りには従弟のおいしい手打ち蕎麦を食べに寄りましたが、4月28日のBSで火野正平氏が全国を自転車で廻る番組で紹介された事で話題が盛り上がりました。

特定郵便局長を民営化と同時に止め、趣味だった蕎麦打ちを修業し、自分の民家を改装してそば処「御所ノ入り」を夫婦で始めた訳です。御所ノ入りはそこの里の地名です。

TVの影響は大きいもので直後の連休は大盛況で大分お客さんには待ってもらったようです。全て手打ちの蕎麦で遠くから常連客さんが見えてくれるので有難い事ですと言ってました。

実家の事で頭が一杯でしたが、彼の蕎麦と、里の空気を吸って元気を取り戻せたようです。Img_0962_convert_20120815180348          そば処「御所ノ入」全景
Img_0958_convert_20120815180525             山門風の入り口
Img_0952_convert_20120815180440             お店の入り口
Img_0945_convert_20120815192801_2                            食べ始めて慌ててとった写真


そば処「御所ノ入」  住所:〒327-0324栃木県佐野市山県町1073
             電話:0283-65-1551  定休日:毎週水、木


2012年8月12日 (日)

夏休みで妻と息子が帰ってきました

10日、妻(china)と息子(5歳)が夏休みで1カ月間の予定で日本に帰ってきました。3月上旬に行ってからですから5カ月ぶりです。
息子の身長が7cmも伸び大きくなった事と、中国語が会話の主になっている事に驚きました。子供は幼稚園、子供仲間がいるので、覚えるのも速いし、物語も結構スラスラ読めるようです。ここまでは、息子の成長が見られ嬉しいのですが、どうも1カ月間がお客様モード、買い物ツアーモードになる事に頭が痛みます。

台所に立つのも、私が主にならざるを得ず、今まで娘(小6)との2人分が、4人分になるので大変です。中国の奥さんのステータスは自分は何もしなくて住み込みのお手伝いさんに
全てやってもらう事です。日本のセレブの世界です。10年前は、人件費も安かったので可能でしたが、今は、実業家や高級取りしかできません。
しかし、家事等働かないのは事実です。共稼ぎや、女性も働くのが当然と思っていますので、家事分担として男が家事をするのも当たり前としています。

中国の隣のマンションに中国人と結婚した日本人の奥さんがいますが、掃除洗濯、家事全てをこなしているのを見て、皆さん驚くと同時に、中国男性には羨ましくてしょうがないそうです。昔、言われてました。「イギリス風の住宅に住みお手伝いさんを雇い妻を日本人とすのが理想の世界」であると。

買い物ツアーといっても、衣類が中心です。同じ中国製でも日本に入っているものは日本企業の製品管理でできているので品質が良くてコストも廉いからです。もう昨日から売りつくしセールを見て廻って買いあさっています。1カ月近く、妻のアッシー君が毎日のようになりそうです。

愚痴っぽくなりましたが、やはり、家族そろうというのはいいですね。娘と息子もキャッキャ、コロコロ楽しんでます。中国にいるときは毎晩スカイプで話をしてますが、側に居るのと居ないのでは雲泥の差です。

明日は家族で誰もいない実家の墓にお参りに行きます。なんとか1月頑張るしかありません。

2012年8月 8日 (水)

ペルセウス座流星群の極大日と金星食

夏の風物詩になっている流星群。8月12日(日)、13日(月)は3大流星群の一つ
ペルセウス座流星群の極大日です。

7月下旬から8月中旬にかけて流星群が出現しますが旧のお盆の時期にピークを
迎えます。

12日、13日とも0時から夜明けまで観測できるそうです。
0時には、北東の空に1時間に約10個程度の流星が見られる様です。

ちなみに3大流星群はペルセウス座流星群・しぶんぎざ流星群・ふたご座流星群です。

Img_20120812                 流星群の見える方向 (KONUCA MINOLTA天文イベント年表より引用)

8月14日(火)は金星食です!
金星は肉眼でも見れますので場所によって異なりますが、午前3時頃、月と金星が重なり金星が月に隠れる現象が見れます。
Img_201208142        金星食の状況図(KONUCA MINOLTA天文イベント年表より引用)




特定健康診断受診

昨日、40歳以上を対象とした特定健康診断を受けてきました。
病院で、一般の患者さんに交じって受診ですが、暑い日にも関わらず多くの人が見えてました。病院に来られる方を見ると、殆どが50代後半から70代で、車いすや家族の付き添いが必要な方も結構見受けられました。

今回は、1週間前から足の甲やくるぶし、足首あたりに少しむくみがある感じがするので、血液検査や尿検査で何か出るのではと思って受診しました。
内科医の問診でも、原因が血液検査で判らない場合は、別の診断をした方が良いし、現在かかりつけの医者に良くみてもらう方が良いとの説明であった。

70歳近くなると、日常の健康管理(食事、運動)が行われているか、いないかで、元気でいられるか否かが表れてくると実感しています。

ウォーキングを続ければ良いと思っていましたが、体内の筋肉、特に使わない筋肉が弱る事を知りました。筋力をある程度働かせる必要が有るわけです。

TVの健康情報やインタネット情報で調べると、これらに関しては選択に困るほど、情報が有ります。人それぞれの状況に応じた方法が有るわけで、予防医学的観点からも、コンサルしてもらえる自治体の体制をより充実してほしいです。

我が町には、市民健康センターがありますが、正直相談した事はありません。メタボを含めた相談はあります。

そんな訳で、自分で調べた範囲ではウォーキングの他に
★1.実はスゴイ!大人のラジオ体操
★2.体のうちから元気 体幹エクササイズ
★3.きくち体操

が良さそうであると考えています。きくち体操の本とDVDはまだ手元に届かないのですが
いずれも20分から30分のエクササイズで十分の様なので、出来れば全部でしょうが、
★1は毎日で★2と★3を交代で行うのはどうかと考えています。

1にも2にも実践、実行あるのみ!! そして健康な日々を遅れうようにしたいと思います。

参考

★1.DVD付き 実はスゴイ! 大人のラジオ体操 (講談社の実用BOOK)
★2.NHKまる得マガジン 体幹エクササイズ からだの中からスリムにしよう! [DVD]
★3.きくち体操 (TJ MOOK)

2012年8月 4日 (土)

年金不信と無年金障害者

昨日、NHKBS3でドキュメントの優秀作品として朝日放送制作の「年金不信」が放送されました。

年金を無年金障害者を通してどうあるべきかを問いかけるドキュメントでした。

受給できる年金には、老齢年金・障害年金・遺族年金の3つが有りますが、障害年金につて知っている人は殆ど居ないといって良いと思われます。私自身、この番組を見るまではどういうものか、どういう要件が満たされなければもらえないかなど全くの無知でした。

若者がバイクで事故を起こし、重度の障害となり働く事も出来ず、入院生活を送っていますが、国民保険に加入し支払っていたのですが、会社の倒産で支払いを行えず、支払期間の2/3にたった3カ月足らずで無年金障害者となってしまいました。

障害年金がもらえれば1級981,900円/年 2級785,000円/年もらえ、生活の形も変わっていたといえます。

無年金障害者の会の会長さんは20年前から国に働き続けていらっしゃいます。
本人も、卒業し就職も決まった時点で事故に遭遇し、障害者となりました。学生時代に年金を払っていなかったために無年金障害者の生活を営々と余儀なくされてきました。

無年金障害者となった理由が単なる支払い不足であった事で、支払ってあれば生活の在り様が全く違っていたと訴えています。

しかし、一般の生命保険と契約した場合は約款が有りますが、国の場合は法律なのでありません。国の広報不足といってしまえばそれまでですが、我々国民も関心を高め、情報を
得る努力を怠る事のないようにせねばと思います。

今、若者が年金の未払い者が330万人いるといわれています。国の不信からくる年金不信が原因です。

しかし、いつどうなるか判らないのが人生です。今ある年金制度や救済制度が不備な点が有る事は皆さん重々承知です。それでも何かあった時に救われるなら、年金支払いは行っておく方が良いと思います。

障害年金の参考サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E5%B9%B4%E9%87%91
http://www.syougai.jp/faq/

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック