« エネルギー自給率100%を目指す、高知県梼原町 | トップページ | 年金不信と無年金障害者 »

2012年7月25日 (水)

ウナギが段々遠くなる!

27日は土用丑の日。夏バテ対策からもウナギを食べたい!所ですが、去年より4割上っていますね。スーパーで鹿児島さんが1,200円ぐらいだったのが1,900円になっています。中国産も600円台が90円台です。

以前、ためしてガッテンだったか、他の番組だったか忘れましたが、我が家は特売のウナギをおいしく食べる方法を知り、それを利用してお店で食べるウナギのようにおいしく食べています。

スーパーで買ってきたウナギを5cm位に包丁を入れて切ります。切れ目は離さずにピッタリと付けてアルミホイルに載せます。お酒を大さじ2杯程かけます。アルミホイルでウナギを包みトースターに入れ、4,5分ほど熱します。どんぶりのご飯には、付いてきたタレをかけまわしておきます。熱したホイルを開き、蒸されたウナギをどんぶりに載せれば、お店のウナギのように軟らかい、おいしいウナギになります。

インターネットで調べますと、おいしくする方法が沢山出ていますね。お茶を使う方法もありました。
少し前ですが「ひるおび」で特売のウナギをおいしく食べる方法を放送していました。

この方法は、
1.特売で買ってきたウナギをぬるま湯で軽く洗い、焼きたれを落とし、キッチンタオルで拭きとります。
2.タレを作ります。砂糖、しょうゆ、本みりんを大さじ3:3:3の同率でフライパンに入れます。弱火で焦げないように煮詰め、へらで底をこすった時底が見える程に煮詰まりましたら
適当な器に移します。少しサラサラしていても冷えると粘りが出ます。ちなみにこの作ったタレは一ヶ月位もつそうです。
3.ウナギは尻尾を切り、残りを2つに切ります。尻尾はあとでお吸い物に使います。
4.タレを作ったフライパンそのままでウナギを入れます。水をウナギの厚みの1/3位の高さまで入れます。水の中にタレが出ていきますので補充する為、タレを少し入れます。そして3分程度熱します。フライパンの底側の皮は煮る、上は蒸す形になります。
5.どんぶりのご飯に大さじ1杯のタレをかけまわします。
6.この上に蒸したウナギを載せ、タレを少しかけます。これでお店のウナギのように美味しいうな丼の出来上がりです。
7.先ほどの尻尾を吸い物に入れますと、肝すいの代わりになります。

ゲストの方々が食されましたが驚きの声を上げていました。
私が今まで行っていた方法より、タレまで作るのでひと手間かかりますが、よりおいしそうです。
今度のウナギから試してみようと思います。
特売のウナギでもお店の様なウナギに変身して、おいしく食べれますのでぜひ試してみませんか。

----------------------------- ちょいすな ----------------------------------

P1010997_convert_20120725222342             夾竹桃の花が真っ盛りです!

« エネルギー自給率100%を目指す、高知県梼原町 | トップページ | 年金不信と無年金障害者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584841/55279263

この記事へのトラックバック一覧です: ウナギが段々遠くなる!:

« エネルギー自給率100%を目指す、高知県梼原町 | トップページ | 年金不信と無年金障害者 »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック