« ここ二日のウォーキング | トップページ | 我が街・坂戸の夏祭り! »

2012年7月14日 (土)

デフレ脱却は出来ないのか!

社会保障・税一体改革の法案が衆議院で成立しました。国民の殆どは、いつかは消費税を上げざるを得ないと思っていると思います。

しかし、国が倒産しかかっているのに、税金で仕事をされてる方々は、支出カットの方法を
身をもって示すべきと思います。4,50年前は公務員の方の給与は安いという事で、色々と手当や、天下り先まで考えて少しでも民間並みになるようにしてきました。ここにきてバブル崩壊からリーマンショックで民間企業や中小企業に至っては生きるか死ぬかの瀬戸際です。

給与は上がらず、リストラはいつされるか判らない不安な状況の毎日です。こうなると、公務員の方が給与も高くなり、逆転現象が起きてしまったわけです。

国の経営が危ない、年金破たんしそうだ、それ消費税増税だ!になったわけですが、何か
消費税増税案が通れば、後は何とやらでウヤムヤになっていく事が心配です。

年金の貯蓄分が2030年には、枯渇して無くなってしまうといわれ、政府の100年安心試算は意味がないといわれてます。

厚生年金の負担も年々少しずつ上げて2017年で固定するというう話も崩れ、このまま上がり続けそうです。
こうなると支出カットで年金額のカット、支給開始年齢を上げる、年金に掛ける税を上げるといった事にまでなりそうです。就職した新人も、働き盛りも、年金生活者も皆、真っ暗な気持ちになってしまいます。

消費税が上がり、年金税率も上がり、給与は上がらない!どうしようも無い状況とはこの事でしょう。闇夜で明かりなしにさまよっているようでなりません。

明かりは自分たちで作るしか有りません!

やはり、デフレ脱却を真剣に考えるべきです。可能性のある国の施策から、地方自治体に
任せて施策を行う、民間企業が動きやすくする緩和策、ありとあらゆる案を皆が試す時だと思います。これは官民、頭を軟らかくし、発想の大転換も必要かもしれません。

日本人はこの方向という掛け声が揃うと皆そちらに向きやすい人種といえますので、今回はその性格を活用すべきと思います。

日本のデフレ脱却は、皆さんの頭の中の発想の転換からしか生まれないと思います。日本人はその力を持っています。官も、省と小にこだわらず国と国民と大にこだわってほしいです。そしてデフレ脱却し税収もあがれば日の出る国になりえると期待します!

------------------------------  ちょいすな  ---------------------------------

Img_0544_convert_20120714090715                          アンデルセンのカフェコーナーに置かれたピンクの
            猫じゃらしみたいな花。ベニヒモノキに似ていますが違うかな。。。
            
            ピンク猫じゃらしと勝手に名前を付けました。
            これを眺めながら紅茶をゆったりと飲ませてもらいました。

« ここ二日のウォーキング | トップページ | 我が街・坂戸の夏祭り! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584841/55191248

この記事へのトラックバック一覧です: デフレ脱却は出来ないのか!:

« ここ二日のウォーキング | トップページ | 我が街・坂戸の夏祭り! »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック