« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

中国の国語教科書

娘はもう一つの母国語、中国語の勉強をしていますが、基本は中国の国語教科書を中心にしています。

6年生の国語の下巻がなかったのですが、今頃はまだ本屋さんに教科書が並んでいる時期(中国は9月が新学期なので、2月の旧正月が丁度学年の中間にあたります)なので、中国から送ってもらいました。

面白いのは、文章を正調の発音で読んだテープ(CDでなくテープ)が発売されている事です。

よどみのない美しい発音です。中国語の判らない私でも聞き惚れるぐらいぐらいです。これを聞きながら学習し、比較できるので大変便利なようです。

テープを利用するのは、人口が多く小学校も多種多様なので、学校差、地域差を少なくする一つの方法かもしれません。

P1010792_convert_20120331203843
      中国の国語教科書とテープ

お薦めの中国語教室!

TalkChinaは日本語の資格を持った講師が充実しています。日本語が皆さん上手ですので安心して中国の講師の方とskypeで学習できます。詳しくはバナーをクリックしてください。HSK試験対策も万全です。

2012年3月30日 (金)

菜園作業その3・種まき

東京の桜の開花宣言が今日出せるかどうか?のニュースの後、遅れていた春の種まきにかかりました

土の篩にかけて無い部分の作業を開始。水分が残っているので篩が目詰まりして一苦労。この作業は腰にきますwobbly

種は育てやすい種類を選び、ホウレンソウ、小松菜、ニンジン、大根、長ネギを蒔く事にし、ホウレンソウから作業開始coldsweats01

水やりまで終了するのに3時間かかりました。長ネギは覆いの材料が不足していたので、明日に延期gawk

大根は覆いなしの方法としたが旨く発芽してくれるかどうか心配think

旨く発芽してくれるのを願うばかりです!

P1010780_convert_20120330154817              ホウレンソウのすじ蒔き準備

P1010781_convert_20120330154908              すじ蒔きした状態

P1010785_convert_20120330155045              ニンジンのすじ蒔き

P1010786_convert_20120330155211              ホウレンソウのすじ蒔き
P1010783_convert_20120330155003              大根の点蒔き 1か所に4粒 土が良くないです

P1010789_convert_20120330155453              水やりまで終了

P1010791_convert_20120330155527              今回蒔いた種 ねぎは残念ながら明日

















2012年3月25日 (日)

菜園作業その2・土づくり

今日は陽射しが暖かいので、午後、土づくりの作業を行いました。

堆肥 1kg/㎡ 苦土石灰100g/㎡ 化成肥料150g/㎡を目標に入れ、表面は粗めのふるいでふった土を入れました。

作業中ミミズは二匹しか見かけませんでした。東日本大震災後はなぜか少ないです。

以前は、モグラの移動した跡が春にはあちこち有ったのですが、これも無くなりました。

土は昨日の雨で、水分が多いので、ふるうのが大変でした。

作業も最近やってないので、腰にきて体中がちょっとだるいです。

2.3日後には足の筋肉が痛くなりそうです。

それでも、明日は種を買いに行き蒔き始めます!

P1010736_convert_20120325185914                種まきの準備ができた様子です。

2012年3月24日 (土)

菜園作業その1・畝の幅を拡げました。

やっと手をつけ始めた菜園作業。昼から雨になりそうなので、作物の育てる土を多くするため、畝の幅を15cmづつ拡げる作業をしました。

無精で今までほっといたので、雑草の根がはびこり土にガッチリと喰い込んでいました。雑草の根の間の土を落としながらの作業で、土をふるって細かい土にするまで出来ませんでした。

今晩は雨が降るといううので、次の作業は2日後で土ふるい、堆肥、苦土石灰、化成肥料を入れて土づくりをします。

予定より大分遅れました。腰痛が出ても困るので徐々にしかできません。

P1010733_convert_20120323102150                        畝を15cmづつ拡げた様子

P1010729_convert_20120323102611                    小松菜の植わっていた部分の拡幅

P1010734_convert_20120323102228                残った小松菜も頭がたって何の作物か判らない状態

2012年3月23日 (金)

カーネーションの夏木マリさん

NHK朝一番のプレミアムトークに夏木マリさん登場。

さわやかな素晴らしい人に変わっていて驚きました。60歳になられたようですが、眼がいいですね!衣装も明るい赤でとても素敵でした。

我々シニアーには絹の靴下のイメージの夏木マリさんでしたが、今回のトークで良いお年を重ねられ素晴らしい方になっておられました!

カーネーションで尾野さんを受けての役作り、岸和田弁の覚え方、メークの様子、そして生い立ちのエピソード、健康の基となる食事と運動等々を淡々とさりげなく話されていました。

子供の三姉妹たちも《かっこいい》と叫びっぱなしでした。

前のブログでつまらなくなったような印象を書きましたが、最近のカーネーションはまた面白くなってきたのが、夏木マリさんの人柄に有ったんだと今日のトークで判りました。

来週で終わりですが楽しみにしています!

2012年3月21日 (水)

中国は電動バイクが一杯!

中国の福建省の省都、福州に昨年行った時、新しいタイプの電動バイクが一杯走っているのに驚きました。中国ならではと思うのは二人乗りOK、バッテリーが切れても大丈夫なようにペダル付きになっています。

中国にとって実用的なバイクがこんなにEV化されているのにはある意味感動しました。

日本では、電動バイクが少ないので日本に輸入できないのかなと思いましたが、輸入されている事が判りました。中国から輸入して日本規格に合うように改良したり、日本規格に合わせて作られたものを輸入している様です。

6~8時間の充電で43km走行できるもの、80km走行できるものなどありますバッテリーは取り外しで家庭電源で充電できます。1回充電の電気代は15円ぐらいと聞いています。

チョイ乗りには十分なバイクと思いました。

006_convert_20120321205801_convert_                        街中を走る電動バイク

005_convert_20120321205737_conver_2                                                     女性でも安定して乗れそうな感じ

003_convert_20120321205646_convert_ 
                     売り出し展示中の電動バイク

002_convert_20120321205618_convert_                       売り出し中の電動バイク

004_convert_20120321205712_convert_                                               街中に駐輪した電動バイク

輸入されてる電動バイク

ハプニングの一日

昨日20日、妻と下の男の子(幼稚園年少)が、妻の中国の実家に1カ月帰るので、成田まで車で送りました。

祭日なのに都心も余り混んで無く、順調に湾岸線に入りました。“ディズニーランドまた行きたい!”という叫びを聞きながら、東関東自動車道に入り習志野料金所に来ました。

ETCのゲートを過ぎた時です!空色の制服にヘルメットの交通警ら隊の人たちが急に何人も出てきて止れと合図するじゃありませんか!

何事だ!窓を開けると、お巡りさん曰く。

お宅の車ではないんです。お宅の右の車を通す為です。

よく見ると右の大きなワンボックスカーが私の前を通過して、取り締まりの待機場所に誘導されました。

お巡りさんに行ってよいの合図で出発し、すぐ先のパーキングエリアに入り、何だったんだろうと思いましたが、シートベルト着用の取り締まりだったのではと判断しました。

それにしても、料金所を出て、さて行こうという時にドヤドヤト出てきて急に止められればビックリしますよ!

35分ほどで無事成田の第一ターミナル国際線出発フロアーに付き、荷物を下ろしカートにのせ、妻と子供は出発ロビーに行かせ、車を駐車場に入れました。いつになく混んでいて

離れたところに駐車し、ロビーに戻りました。その時手に持っていたハーフコートを着て、ポケットに手に入れた瞬間、無い!どこのポケットを探しても無い!

家の鍵、他の大事な鍵の鍵束が無い!駐車場からロビーまでの間に落としたのか!

同行した娘も、妻も持ってない!パニックです。

カウンターのチェックが終わり次第、あわてて、荷物を下ろした所、駐車場から来たルートを逆に探しながら歩く。

車に付きドアを開けて中を調べると、運転席の足元に有るじゃありませんか!

どっと疲れが出ました。またロビーに戻り妻と子供の見送りをして、良い事が起こらないようだから、食事は途中でする事にし、早々に家路に向かいました。

帰りは何もなく無事にたどり着く事ができました。

余談ですが、妻が利用する航空会社は深圳航空という中国の航空会社です。中国人は多くの人が荷物を沢山持ちこむため一人30kgまでOKとしています。実際二人で60kg近く土産物だなんだで持ち込みました。夜スカイプで電話すると無事着いたとのこと。

ハプニングだらけの疲れた一日でした。

2012年3月18日 (日)

懐かしの1960から1980年代!

菜園の準備作業に入ろうとしたが、あいにくの雨で中止。You Tubeで癒し系の音楽を探しているうちに、懐かしい人の名前が出てきたので、久しぶりに聞き入りました。

山本潤子

松任谷由美

南こうせつ

竹内まりや

イルカ

等々です。1980年代から80年代を思い出しタイムスリップしてしまいました。

懐かしがっていても、前に進まないので明日から頑張る事にしました!

土に触れるとエネルギーがもらえます。

2012年3月15日 (木)

NHKドキュメンタリードラマ“開拓者たち”が再放送されます!

1月に放送された全4回シリーズが、好評にこたえ新しい素材も加え再編集して、全6回シリーズで放送されるそうです。

開拓者たち”の放送日程

総合テレビ 4月3日スタート 毎週火曜午後10時~

BSプレミアム 3月17日(土)午後4時「第1回」 午後4時50分~「第2回」

         3月24日(土)午後5時~「第3回」 午後5時50分~「第4回」

         3月31日(土)午後5時~「第5回」 午後5時50分~「第6回」

戦前、旧満州(中国東北地方)へ渡り、過酷な逃避行避難生活を体験した末に帰国、戦後の日本で、新たな農地の開拓にたくましく臨んだ人の物語。(NHKの説明文より)

悲惨な体験をされた人々の証言を基に製作されたドキュメンタリードラマで、敗戦時、軍に守られることなく、逃避行をせざるを得なくなりました。、その途中、老人を置き去りにせざるを得なかったり、食べ物がなく子供が死んでしまったり、敵から子供を守るため死に至った母、等々の凄惨な出来事を経ています。日本にたどり着いても身を寄せる所は無く、改めて原野を開拓し今日にいたる物語です。

どの戦争でも多くの庶民が犠牲者です。家族や人々と一緒に日々を何事もなく暮らせる事が本当の幸せとつくづく思います。

竹内まりやさんの“いのちの歌”のテーマソングも素晴らしいです。見逃された方是非ご覧になってください。(NHKの宣伝係では有りませんので、、、、!)

2012年3月14日 (水)

桜の開花・自然の力

暑さ寒さも彼岸までと昔から言われています。来週は春のお彼岸です。日増しに陽射しが強く明るく暖かくなってくるのが実感されます。

そんな中、今朝の《みのみんたの朝ズバッ》で、静岡県河津町の河津桜が開花し見ごろになっている事が紹介されました。

桜は、春を感じさせ心を浮き上らせてくれる花です。

昨年は東日本大震災で桜をめでる気持ちも余裕も有りませんでしたが、今年は復興にスピードが上がることも祈って、桜を見に行きたいと思います。

自然は着実に活動しています。特に春は桜から新緑へと活動エネルギーの感じられるときです。

被災地の方々も、自然の力に応援されて、さらなる活動に頑張っていただきたいと願うばかりです。

2012年3月12日 (月)

復興のスピードアップを願う

昨日は、各地で3.11の追悼式《3月11日14時46分》が行われました。改めて悲惨な記憶をよみがえらせた方、新たな出発を再度誓われた人、悲喜こもごもですが、些細な力での応援しかできませんが、

1にも復興

2にも復興

3にも復興

で国、県、自治体のしっかりしたサポートとスピードアップを望むばかりです。

春には東北地方への旅行、東北産県の製品購入などで、直接皆さんにつながる応援をしましょう!

S0302m S0411m S0703m S0729m S0305m_2
画像はhttp://hanami.walkerplus.com/list/tohoku.htmlから利用させてもらいました。

2012年3月10日 (土)

親切なBARBARの白髪染め!

1か月に1回のペースでいってます。シニアーになると毛の伸びが遅くなります。

散髪と白髪染めをしてもらいますが、白髪染めはマニキュアでなく、海藻から作った白髪染めです。

私はアトピー性の炎症がときどき発生しますので、いつもご主人と奥様が皮膚をし気にしてくれます。

去年、皮膚が弱い人、皮膚に炎症等が起きやすい人には海藻から作った良い白髪染が出来たのでこれが良いと思うが試してからお薦めしますということで、ご主人が2,3回ご自分で試され、色合いなども研究され状態を何回か見せてくれました。

結果は良好なので私もそれで染めることにしました。

マニキュアですと色落ちは少ないいですが、染める時に毛髪以外の皮膚に付かない様にかなり気を使うそうです。

新しい海藻タイプは色持ちは少し劣りますが、皮膚についても落ちるし皮膚に優しいそうです。

難点は染める液は、粉と水とを微妙に配合し、こねなければならない事と、液を塗った後の放置時間がマニキュアよりかなりかかる事です。

そのためカット、シャンプー、髭剃りの一般の2倍以上の時間がかかりますが、値段はマニキュアより安くなります。

海藻成分から作った白髪染めにしてからは、皮膚の炎症があまり出なくなりましたsign01

昔のタイプの床屋さんは少なくなって来ていますが、殆ど話し好きですね!私の行きつけのご夫妻も大の話好きで情報交換の場所ですhappy01

天気、気候から始まり、今日の予定、家族の事、旅行、海外旅行、地元の店の情報、政治、経済、政治家の悪口、音楽、オークション、お互いのかみさんの愚痴、体の事、健康食品、、、、、、と有りとあらゆるジャンルに話が展開していきますhappy01

今日は、私の家内が下の幼稚園の子供を連れて中国に里帰りするが、2か月行くことを1カ月にしたことで盛り上がりました。予定どうりに帰ってくるか??annoy

てっぺんのつむじ辺りがtyphoonかなり薄くなってきて、地肌が見えてきています。染める必要がないような髪の状態に近づいていますweep

これ以上薄くなった時はもう皮膚の炎症も構わず、特殊な色のマニキュアにするか、真っ白にするか、坊主頭にするか、少なくなっても染めておくか今から悩んでいますwobbly

その時期が到来したらお店のご夫妻と相談することにしようsign02

女性はふわっと載せる方法や、紫やいろんな色のカラーが有って羨ましいねheart04

男も中世のヨーロッパの様にふわふわのかつらをつければ面白いですかねsign02

2012年3月 9日 (金)

菜園の準備にかからないと!

P1010719_convert_20120308143731_4                                                                             小松菜

3月半ばには、小松菜、ホウレンソウ、ニンジン、長ネギの苗植え時期にはいるので、来週には、菜園の土づくりにかかります。

秋にまいた、小松菜、ホウレンソウ、タア采を整理しなければなりません。小松菜は芯の茎が伸び、そこに葉がついた小木の様になっています。タア采は頭がたって、花のつぼみが出てきそうです。ホウレンソウはまだ大丈夫です。

このような状態をみると太陽の力は偉大であり、大地は確実に春に向かっている事を実感します。

4月になると、トマト、ナス、キュウリ、ピーマン。ジャガイモ、ショウガ、にらの苗植えの時期になります。どれを植えるか検討中です。

P1010717_convert_20120308143831_3                                                                             タア采

2012年3月 7日 (水)

ターシャ・テューダーの素晴らしきスローライフ

10年前ぐらいから、たびたびテレビで紹介されていた、ターシャ・テューダーさんの事が、2月29日ベニシアさんの事を書いた時、懐かしく思い出しました。

2008年6月18日、92歳で亡くなるまでの57歳からの晩年を、バーモント州南部の小さな町はずれのマールボロで、19世紀開拓時代の様なスローライフな生活を30万坪の広大な土地で過ごされた方です。

絵本画家・挿絵画家、園芸家、人形作家でもありました。

マサチューセッツ州ボストンで、ヨットや飛行機の有名な技師・実業家の父と、肖像画家の母との間に生まれ、母方はボストンでも政財界の有名な一家でした。

父、母両家とも有名な文化人、財界人と交流があり、華やかな世界であったのですが、ターシャはその世界が嫌いで農場と牛が大好きでした。

9歳のときに父母が離婚、子供の生育には田舎の方が良いと母が考え両親の友人の家に預けられました。

15歳で学校をやめ絵画と、農業の道に進みました。此の頃の農業の経験が後々の自給自足の精神と絵を描いたり花を育てるする生活の基になっているようです。

23歳で結婚しましたが46歳で離婚、その後再婚したものの数年で離婚しています。

23歳から56歳までの間に「マザーグース」の挿絵、コーギー犬が活躍する「コーギービル」シリーズなど数々の作品と賞を受賞しています。

57歳のときにマールボロのスローライフな生活に入るわけですが、家は長男が18世紀の家をまねて作り上げてくれました。コギーコテージと称し電気、水道などの近代設備は最小限にし暖炉とベッドとロッキングチエアーと薪オーブンだけという質素な生活を行いました。

テレビでも紹介されたように、愛犬コギーとともに一日を草花の手入れに費やし、ヤギの乳しぼりをし、庭でとれた果実でジャムを作る、草花の絵を描く、午後にはゆったりとお茶を飲むというスローライフの生活を亡くなるまで続けられました。

京都大原のベニシアさんの生活は、ターシャ・テューダさんの生活に通じていますね。ベニシアさんも生まれはイギリスの有名な貴族の家だったようですが、社交界が嫌いで、日本に来られたようです。

結婚の条件で公務員がもてる!

昼のTVで、公務員限定の合同お見合heart02が有ったことを流していました。応募した女性は多数で、大盛況だったそうです。

公務員は、収入が安定しているし、時間外も少なく定時に勤務が終了するのでと、参加した女性と親が話していました。

安定志向の結果だと思います。

この時期、公務員の給与を民間並に削減せよ!と多くの国民が思っていることと矛盾しているのですが、例え削減されても安定していると考えているのでしょう。

公務員が多く給与の高いギリシャは国の再建で大変です。公務員の既得権として反対するフランス。汚職を公然と行って資力を増やす中国の官僚、公務員。

我々の税金で仕事をされているわけっです。もっとサービス業の一つであることを意識して仕事を改善改良し、効率良い業務、市民、国民の為になる行政を願うわけで、それが旨く行ってないので国民が文句を言いたいわけです。

ちょっと横道にそれましたが、動物の世界ではオスがメスをめぐって死闘を繰り返し勝った方が方がメスを得ます。丈夫な子孫を残す本能です。

人間にも、特に女性にはこの本能が備わっているといえます。その点からみれば、頭もいい、安定、高収入はその条件にあてはまるといえます。ですからいい悪いは何も言えません。

旨くまとまったカップルには幸せあれ!heart04です。bell

やっかみ的に言うと、本当に好きで結婚したのかなと思われやしません?

中国はもっと露骨で、マンション持っていること、給料が高いこと、車を持っていることが最低条件で、これを相手にはっきりと聞くそうです。そこまではいかないまでも、これに近い思考と思われてしまいます。angrywobblyweep

人生何が起こるか分からないのですから、何はともあれ二人で乗り切ってこそ幸せといえるでしょう。

2012年3月 5日 (月)

スマホをやめたい!

1年半前に、iphone4を買いました。買った動機は妻(娘ほど年の差の中国人)が、中国の実家、兄弟、友達に電話をかけるのが中途半端でないので、家からの出先でもかけられるskypeを利用する為でした。家のパソコンでのスカイプでは2時間以上話している時が有ります。ついでに私のも買いました。

パソコンと同じようなものですが、私にとっては中途半端でした。メールと電話以外は、wimax、無線LAN付きのネットブックの方が良かったようです。

子供の習い事を待っている間に産経新聞を見たり、You Tubeを見たり、無料のSkyBookを見たりで、WEBはあまり見ません。拡大しなければ見えないし、拡大しているうちに指がどこかに触れたのか、違うサイトの飛んだり面倒です。

メールは送信文を入力中に間違って、送信に触れ文の途中で送信になってしまう事がたびたびです。そのたびに先ほどのは失礼しましたと誤りの文面を、あわてて送るはめになります。

電話も、間違って触れ、あわてて切っても相手には呼び出しが残るので、電話がかかってきてしまったりしています。

ドジだねと言われればそれまでですが、タッチ式は良い様で、ミスタッチも多くなるという事です。

らくらくフォンも、最近は機能が付いていますが、メールと、電話だけというシニア向けのシンプルなものが欲しいなと思っています。ボケてどこかへ行ってしまうかもしれないからGPSは必要かな?後、暇つぶしに地デジワンセグが付いてればいいかな?

良い携帯が有りましたら教えてください。

話は変わりますが、E-Mobileが出始めのころ、持ち出しのUSB接続ルーター+家には有線ルーター付きで、3,900円/月が有り、知っている人が現在でも使用しています。

今は、家では有線、外では持ち出しのルーターで、同時に利用できるのは無いようです。家では光かADSLで契約、持ち出しルーターは別の契約で非常に高額の料金になってしまいます。なんとか料金を下げていただきたいと思っています。

2012年3月 4日 (日)

伊集院静氏の《星月夜》:初めての社会派推理小説

産経新聞3月4号から伊集院静氏の言葉を引用

「初めての社会派推理小説で、登場人物をつなぎ貫くものは農耕となっている小説。国から農民と漁民がいなくなるとかなり速いペースでその国は滅びる」

「肥えた土地と、豊かな海を手放すと、ひと月で国が持たなくなる。しかし、その事を今は誰も考えていない。輸入で賄えると信じている」

「自給自足を捨てた国が、他国に負うことの哀れを問題として考えられない。農民と漁民がいなくなれば国土は滅ぶ。IT産業がなくなっても国は滅ばない」

「時代の流れに抗う自分が孤独だと感じている」

2012年3月 2日 (金)

コンパクトシティに思うこと

平成1年まちづくり三法 から始まった、コンパクトシティの構想に、青森県の様に具体的に動きいているところもありますが、地方の町の自分自身の生活からみて思うことを記します。

私自身、四捨五入で70歳になります。駅から8分のマンションで駅近くに大手スーパーマーケットが有ります。しかし、郊外型スーパーが車で10分内に7つほど有り、駅近よりこちらが安いのと品ぞろえが多いのでいつも混んでいます。車が有っての、運転できての生活です。

体がいつどうなるか判りません。妻が運転できたり、子供家族がいたりする家庭は、問題有りませんが、そうでない人、一人暮らしではどうにもならなくなるわけです。

病院、医院、介護施設、役所といった公共施設が歩いていける範囲、電動車いすで行ける範囲になければ生活ができなくなってしまうでしょう。

高齢化と若手人口が少なくなることを考えれば、多々の問題があることは判りますが、とにかく歩いていける範囲で生活が成り立つ街づくり=コンパウトシティ、に変えていかなければならないのではと、痛切に感じています。例えが良くないかもしれませんが、中世のヨーロッパの城砦で囲まれた街の様なものでしょうか。

結果、自治体の負担も減ることでしょう。福祉の車が一人のために遠方まで走らせる必要もなくなるでしょう。公共インフラ(道路、給排水、ガス、電気、公共バス等)の維持コストも下がるでしょう。

面倒をみる家族がいる限りは問題ないでしょうが、自分の家で最後まで過ごしたいという考えを変えざるを得ない時期が到来するかもしれません。皆さんどう思われます?

参考URL 

ウィキペディア コンパクトシティ                   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3

「コンパクトシティ」の導入と都市政策http://www.jeri.or.jp/membership/pdf/research/research_1007_02.pdf

COMPACT CITY コンパクトシティ~より良い暮らしのために~    http://www.thr.mlit.go.jp/compact-city/

「コンパクトシティ」ー青森市の事例ー     http://www.jcci.or.jp/machi/h050218aomori.html

欧州から学ぶコンパクトシティ構想  http://eco.goo.ne.jp/business/csr/global/clm30.html

 

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック