トップページ | 小さな家庭菜園に挑戦! »

2012年2月23日 (木)

原発はどうなるのか?

2月22日のニュースで、アメリカの原子力委員会が日本の3月11日の地震による原発に対し、委員同士のやり取り、会議内容、派遣された航空母艦からの情報、IAEAのやり取り等を含めた3,000頁にも及ぶ報告書が公開され、その内容を聞いた時愕然としました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120222/t10013199921000.html

早くも3基ともメルトダウンを起きた状態を想定し50マイル(80km)内は避難すべきとしていたことです。日本に情報を与え適切な対応すべきとしていたこともありました。

11日、すべての電源が失われれた場合は、原子力関係者であれば誰でもメルトダウンが起こるのは常識とされている様です。国民には安全であるとのみの情報が与えられ、避難区域も3kmから10kmそして20kmと変わっていったわけですが、まず遠いところに避難し、安全を確認しながら戻るという方法がとられていたらと危機管理の違いに考えさせられました。

原発の再稼働が問題になっていますが、調査委員会の報告から原因と対策、耐用年数、運用組織、監査組織を判り易く示して欲しいです。そして起こってはならない事故の場合どのように避難し身を守るのかまで各原発ごとに検証してほしいです。

経済上から電力確保が急務ですが、ストレス結果が安全と出たの一言の妥協の内容で運転開始だけはやめていただきたいと思います。

トップページ | 小さな家庭菜園に挑戦! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584841/54053886

この記事へのトラックバック一覧です: 原発はどうなるのか?:

トップページ | 小さな家庭菜園に挑戦! »

人気ブログランキング

お気に入りリンク

あし@

最近のトラックバック